ZNYX News

Contact Information
Jeff Elpern
ZNYX Networks
(408) 813-3340
jeff.elpern@znyx.com

Language
Flag-of-United-StatesFlag-of-Japan-news

◎搭載容量50%増のUltra5を発表  ZNYXがATCAサミットで

 

【サンノゼ(米カリフォルニア州)2日PRN=共同JBN】ジーニックス・ネットワークス社(ZNYX Networks, Inc.)は2日、2011年アドバンストTCA(通信コンピューティング・プラットフォーム)サミット(AdvancedTCA SUMMIT 2011)で、ウルトラ5(Ultra5、登録商標)ZX2000を発表し、アドバンストTCA(ATCA)の新たなリーダーの地位を確立した。ウルトラ5ZX2000は最大のインフラ密度を備え、市販されているあらゆる5Uシャーシで最高収益を創出するブレード搭載容量を可能とするミッドレンジ・シャーシである。ウルトラZX2000は通信、軍事、航空宇宙向けのネットワーク・アプリケーションに最適化されており、10G ATCA 3.1ブレード用に6つのペイロードスロットを提供する。これは競合する5Uシャーシで提供されている4スロットを大幅に超えている。ZX2000はまた、高可用性(HA)とATCA準拠の特性と機能性を備えた完全冗長性プラットフォームも提供する。

ジーニックス・ネットワークス社のコニー・オースティン最高経営責任者(CEO)は「この画期的な革新的製品によって、当社のアプリケーション・インテグレーター・パートナーは、ソリューションの潜在的なサービス収益を同じ5Uの実装面積で50%増加させることができる。これはパートナーとその顧客双方にとって、純利益と長期的計画の実行可能性に直接影響を与えるプラットフォーム価値の大幅な向上である。ジーニックスは、より環境に配慮し、よりエネルギー効率を高め、よりコスト効率のよいATCA 準拠5Uアプリケーションを後押しするプラットフォーム開発に専念していく」と語った。

高度に集積化されたZX2000プラットフォームは、十分な機能を有する10Gオープンアーキテクト(OpenArchitect、登録商標)・イーサネットスイッチ、ならびにスロット当たり最大375ワットの電源・冷却の完全冗長性に加え、6つのATCA 3.1 Option 1/9(1Gないしは10G)ノード・スロットを保有している。この高いペイロード能力を実現するために、ジーニックスは20ポートの10GbE スイッチシステムとシェルフマネジャー(Shelf Manager)との組み合わせを特別設計し、通常はシェルフマネジャーだけが使用するエンベロープに適合するようにした。この特許出願中の設計上の革新によって、スイッチ/ハブ機器用にATCA準拠スロットを全面使用する必要性を解消して、ペイロードを50%増加させた。

ジーニックス・ネットワークス社ディレクター・オブ・エンジニアリングであるアルトン・ウォン氏は「ZX2000はATCA準拠取得の総費用の改善、エネルギーおよび運用上の効率向上を目指して設計された。さらに、集積によってアプリケーション要件の増大に伴った冗長性スケーリングが可能となっている」と語った。

ZX2000は、ジーニックスのハブ・スイッチ類製品と同じオープンアーキテクト管理ソフトウエアを使用している。オープンアーキテクトは、業界トップの高可用性とパケットフィルタリング機能を持つ実証済みのスイッチ管理環境である。このためアプリケーション・インテグレーターは、シャーシ内に組み込まれたイーサネット・ルーティング、およびローカル機器への論理出力ルーティング向けに同じようなスイッチ管理技術を持つことによって複雑性を軽減する。

ジーニックス・ウルトラ5 ZX2000は2012年第1四半期に入手可能となる。OEM価格に関する問い合わせはSales@znyx.comまで。

▽ジーニックス・ネットワークス(ZNYX Networks)について

ジーニックス・ネットワークスは通信、軍事、政府、航空宇宙、セキュリティー向けのキャリアクラス(CarrierClass、商標)で比類ない密度を提供する中規模ATCAプラットフォームの新しいリーダーである。ジーニックス・ネットワークス社は10年間にわたる実証済みの統合専門的技術とATCA準拠イーサネットスイッチにおける指導的立場を保有し、優れた価値を提供するスイッチ、ブレード、完全統合ATCAプラットフォームの一流の提供企業となった。

装置メーカー、アプリケーション・プロバイダー、システム・インテグレーターは、性能、製品化までの時間、信頼性、所有コストで最適化された次世代ソリューションを創り出すためにジーニックス製品に依存している。ジーニックスの革新性は通信、航空宇宙、軍事の分野における世界的に有名な顧客を獲得した。その中にはアップル、BAE、ボーイング、富士通、SAIC、インテル、ローレンス・バークレー国立研究所、NEC、ノキア、シーメンスなどがある。イーサネット製品に組み込まれたジーニックス・キャリアクラスHAはAT&T、NTTドコモ、スプリント、ベライゾンなどのティアワン・キャリアの通信プラットフォームの必須部分となっている。

1992年に創設されたジーニックス・ネットワークスは米カリフォルニア州フレモントに本社を置き、同州サンタバーバラとサンルイスオビスポに研究センターがある。詳細はウェブサイトhttp://www.znyx.comを参照するか、sales@znyx.comまで電子メールで問い合わせを。